会社沿革

会社沿革

明治40年4月、浜中石油店(店主:浜中勘助)を創立。小倉石油、三井物産の特約店として京都府、福井県、兵庫県、鳥取県をその販路としていました。戦時中、統制のために地域も限定され一部販路縮小の止む無きに至りましたが、統制解除と共に法人を設立。昭和24年1月、資本金80万円で(株)三洋商事が発足しました。その間、浜中勘助は引退し今井章夫が社長に就任。各地に給油所を開設し、営業品目に船舶資材・消火器・産業用資材・冷暖房器などを加えました。次いで昭和52年11月に現社長、今井一雄が就任し、昭和54年8月に舞鶴給油所を開設。そして、化学工業薬品・高圧ガス・酸素ガス等の販売、医療用酸素・医療機器の販売、自動車整備業、新車及び中古車の販売など積極的な事業拡大を行ない、資本金も数回の増資を経て、現在の3000万円となりました。平成19年度に創業100周年を迎える当社は、従前の多大なるお引立・ご愛顧に感謝申し上げると共に、次の世紀のスローガンである「エネルギーと環境を追求する商社」に向かい、全社一丸となって更なる発展を目指しております。

明治40年 浜中石油店(店主:浜中勘助)を創立
ライジングサン(現シェル)、小倉石油(現新日本石油)、
三井物産の特約店・代理店となる
昭和24年 株式会社 三洋商事設立(社長:今井章夫、資本金80万円)
昭和30年 宮津給油所開業
昭和33年 天橋立給油所開業
昭和38年 本社社屋建設
昭和41年 船舶油槽所開設
昭和42年 四辻給油所開業
昭和44年 網野給油所開業
昭和52年 今井一雄、社長に就任
昭和52年 資本金21,000,000円に増資
昭和53年 資本金30,000,000円に増資
昭和54年 舞鶴給油所開業
平成 6年 海園望建設